ニュース

プロゲーミングチーム「SCARZ」が株式会社JTBとのスポンサー契約締結を発表

投稿日:2018-07-30 更新日:

<以下、記事原文より抜粋>

SCARZと日本最大の旅行会社がスポンサー契約を締結

プロeスポーツチーム「SCARZ」(代表:友利 洋一)は
「株式会社JTB」様とスポンサー契約締結したことをご報告申し上げます。

株式会社JTBと説明について

『感動のそばに、いつも。』をブランドスローガンに掲げ、旅行業界としては日本最大、世界でも有数の事業規模を誇る企業です。
海外向けパッケージツアーの「ルックJTB」や国内向け「エースJTB」の名前を一度は聞いたことがあると思います。また時刻表や旅行雑誌も出版しており、旅行に無くてはならない、そんな企業です。
スポーツ観戦ツアー(JTB Sports)では、まさに現地で『感動のそばに、いつも。』を実感していただけます。

SCARZはCS:GO部門を筆頭に様々な部門、選手が世界中の多くの都市にて試合に出場しております。
今後はチームへのサポート、そしてファンミーティングや海外大会のツアー等を共に行っていくことを予定しております。
SCARZは今以上にアジア、世界へと打ち出していく為に、世界を知る株式会社JTB様とスポンサー契約を締結できたことを非常に心強く感じております。

株式会社JTB:上西竹史(eスポーツ担当)様よりコメント

「Beyond Imagination」の理念を共有する日本一のeスポーツチーム「SCARZ」へのスポンサード発表が行えたことを大変嬉しく思います。
地球を舞台に挑戦し続けるSCARZへの応援を通して、eスポーツを通じた人々の交流を創造してまいりたいと思います。
SCARZがデジタルとヒューマンタッチが融合するeスポーツ分野において、期待を超える活躍を共に目指したいとおもいます。

SCARZ 代表:友利洋一様よりコメント

この度SCARZは、JTB様とスポンサー契約を結びました。まずは、この度の契約をSCARZ代表として心よりお礼申し上げます。
多くの方がご存知であろうブランド・JTB様とSCARZがeSportsを通じてスポンサーを結べたのは、
大変嬉しく思うと同時に、Teamとしての成長を感じています。
SCARZは日本で最も海外に行く機会が多いチームであるため、サポートしていただけることが非常に助かります。
そして、今後ファンの皆様とファンイベントを通じてお会いすることも多くなることも嬉しいことの一つです。
今後も日本から世界を目指すチームとして精進して参ります。JTB様とSCARZを宜しくお願いします。


SCARZ 新ユニフォーム (JTB SPORTS入り)
トップアスリートが身に着けるJTB SPORTSロゴを身に着けて、今後は闘って参ります!
出典:SCARZ公式

関連リンク

SCARZ
JTB

-ニュース
-

執筆者:

関連記事

フォートナイト、サブマシンガン系武器を更なる弱体化、建築は上方修正。【v5.2.0】

<以下,公式発表原文より抜粋> コンパクトSMGとドラムガン、建築に修正 サブマシンガンは更に弱体 コンパクトSMGに関しては既に下方修正がなされていましたが、今回更にダメージとクリップサイズが一回り …

CoD:BO4_世界大会

【CoD:BO4】世界大会『Call of Duty World League』の日本代表決定戦を闘会議2019で開催決定!

CoD:BO4の世界大会『Call of Duty World League』の日本代表決定戦を闘会議で開催! 2018年10月12日に発売されて以降、世界中で多数のストリーマーやYouTuberがプ …

eスポーツ認知度_去年と比べて倍以上だがまだまだ女性の認知度は低め

eスポーツの国内認知度は64%と過去最高に!だが女性の認知度は半分以下などまだまだ課題も…

<以下,プレスリリース原文を掲載> eスポーツの国内認知度は64%!去年と比べると2倍以上に! 株式会社マクロミルが、以前東京ゲームショウ2018のeスポーツフォーラムでも議題に上がっていた、「eスポ …

NPB_スプラ2

NPB、任天堂とタッグを組み「スプラトゥーン2」の12球団対抗戦を開催

<以下,公式サイトより抜粋> スプラ2の「プロ野球12球団対抗戦」が開催! 野球以外のスポーツ文化の発展が目的 「NPB eスポーツシリーズ」は、野球にとどまらないスポーツ文化全体の発展を目指し、幅広 …

2200人を対象に調査_サムネイル

2200人を対象に調査!「eスポーツを観戦してみたい」ユーザーが半数を越えた!

<以下,プレスリリース原文を掲載> 半数以上のZ世代が「eスポーツ」を観戦したいと興味を示す! 15歳〜69歳の男女2,200人を対象に調査をした結果、Z世代でeスポーツに対して「観戦してみたい」と興 …