ニュース

シャドウバース(Shadowverse)に地方大会と店舗大会が追加!地方プレイヤーもRAGEに参加しやすくなった!

投稿日:

RAGEShadowverse_店舗大会地方大会が追加

<以下,プレスリリース原文を掲載>

RAGEのシャドウバース退会に地方・店舗大会が追加!

日本国内で最大級の規模をほこるeスポーツ大会『RAGE』において、次回大会にもシャドウバース(Shadowverse)が競技として採用される事が決定した。

また、その次回RAGEにおいて開催される『RAGE Shadowverse 2019 Spring』ではこれまでの予選大会の形式を一新し、既存の大規模予選大会にくわえて「地方大会」と「店舗大会」を追加で開催することを発表した。

これにより、これまでは地方に住んでいるせいでRAGEのシャドウバース大会に参加したくてもできなかった方でも、今後は気軽に大会へ参加することが可能となる。

筆者も昔は地方に住んでいたため、大規模大会に参加したくても東京まで行く敷居が高かったり、なかなかスケジュールが合わせられなかったりして泣きながら参加を諦めた事がある。

そのため、これは地方民にはかなり嬉しい試みなのではないだろうか。

店舗大会が30店舗,地方大会が4地域で新たに開催!

RAGEShadowverse_店舗大会は30店舗地方大会は4地域

今回新たに予選大会として追加されるのは店舗大会が全国各地の30店舗、地方大会が大阪、岡山、愛知、富山の4地域となっている。

なお店舗大会で優勝すると、次回のRAGEで開催される『RAGE Shadowverse』予選大会のDay1参加券とDay1 1回戦の不戦勝券を入手できる。これは非常に大きいだろう。

地方大会で優勝すると同じく次回のRAGEで開催される『RAGE Shadowverse』の、なんと交通費・宿泊費付きの予選大会Day2シード権を獲得できる。

地方民からするとeスポーツ大会参加のための旅費は結構な出費であり同時に敷居にもなるので、そこを出してもらえるとなれば地方の腕に自身があるシャドウバースプレイヤーは参加するしかないだろう。

地方大会・店舗大会の詳細→『地方大会・店舗大会について

なお、今後も地方大会と店舗大会は順次拡大していくようなので、今回は地元で大会が開催されていない方も今後に期待しておこう。

以下プレスリリース

株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社が共催する、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」にて、次回も株式会社Cygamesが提供するShadowverse(シャドウバース)の採用が決定いたしました。また、次回RAGE Shadowverse 2019 Springにおいて、予選大会の形式を一新し、これまで実施してきた大規模な予選大会に加え、「店舗大会」「地方大会」を新たに開催いたします。

店舗大会は全国約30店舗、地方大会は富山、愛知、大阪、岡山の4地域での開催が決定しております。店舗大会で優勝すると、次回RAGE Shadowverseの予選大会Day1参加権とDay1 1回戦不戦勝が、地方大会で優勝すると、次回RAGE Shadowverseの交通費・宿泊費付き予選大会Day2シード権が獲得できます。

店舗大会や地方大会に参加された方も、予選大会に通常エントリー可能ですので、ぜひいろいろな大会にご参加いただければと思います。

今後、店舗大会、地方大会は順次拡大予定となっておりますのでご期待ください。

店舗大会/地方大会詳細ページ
https://rage-esports.jp/information/rage_sv_2019_spring_entry_reg_sto

追加情報や試合情報に関してはRAGE公式サイト(https://rage-esports.jp/)、公式Twitter(@esports_RAGE)にてお知らせいたします。

■RAGEとは
「RAGE」とは、株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社が年間を通して運営する、複数ジャンルのゲーム最強王者を決める「次世代型eスポーツ大会」です。これまで、「Vainglory」(Super Evil Megacorp社)、「ストリートファイターV」(株式会社カプコン)、「ウイニングイレブン 2017」(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)、「Shadowverse」(株式会社Cygames)を競技タイトルとして採用しています。決勝大会では、それぞれの予選大会を勝ち進んできたプレイヤーが一堂に会し、各タイトルの王者を目指し熱い闘いを繰り広げます。
公式サイト: https://rage-esports.jp/
公式Twitter: https://twitter.com/eSports_RAGE
公式Facebook: https://www.facebook.com/eSportsRAGE/

■CyberZについて http://cyber-z.co.jp/
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。サンフランシスコ、韓国、台湾支社をはじめ全世界対応で広告主のマーケティング支援をしております。当社が提供するスマートフォン広告ソリューションツール「Force Operation X」は、2011年2月に国内で初めてスマホアプリ向け広告効果計測を実現し、Facebook社の「Facebook Marketing Partners」や、Twitter社公式プログラム「Twitter Official Partners for MACT」に認定されております。また、メディア事業においてはゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」やゲーム攻略wiki「GAMY」(https://gamy.jp)を運営しており、2015年からeスポーツ大会「RAGE」を日本国内にて運営しております。

■会社概要
社名 株式会社CyberZ
東京本社 東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ16階
代表者 代表取締役社長 山内隆裕
事業内容 スマートフォン広告事業、スマートフォンメディア事業、e-sports事業
URL   http://cyber-z.co.jp/

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社CyberZ  広報担当:北村
E-mail: press@cyber-z.co.jp  Tel:03-5459-6276   Fax:03-5428-2318
出典:プレスリリース

関連リンク

地方大会・店舗大会の詳細
RAGE公式サイト

-ニュース
-

執筆者:

関連記事

2200人を対象に調査_サムネイル

2200人を対象に調査!「eスポーツを観戦してみたい」ユーザーが半数を越えた!

<以下,プレスリリース原文を掲載> 半数以上のZ世代が「eスポーツ」を観戦したいと興味を示す! 15歳〜69歳の男女2,200人を対象に調査をした結果、Z世代でeスポーツに対して「観戦してみたい」と興 …

NPB_スプラ2

NPB、任天堂とタッグを組み「スプラトゥーン2」の12球団対抗戦を開催

<以下,公式サイトより抜粋> スプラ2の「プロ野球12球団対抗戦」が開催! 野球以外のスポーツ文化の発展が目的 「NPB eスポーツシリーズ」は、野球にとどまらないスポーツ文化全体の発展を目指し、幅広 …

eスポーツ認知度_去年と比べて倍以上だがまだまだ女性の認知度は低め

eスポーツの国内認知度は64%と過去最高に!だが女性の認知度は半分以下などまだまだ課題も…

<以下,プレスリリース原文を掲載> eスポーツの国内認知度は64%!去年と比べると2倍以上に! 株式会社マクロミルが、以前東京ゲームショウ2018のeスポーツフォーラムでも議題に上がっていた、「eスポ …

LoL_FINAL_アイキャッチ

LoL、日本代表を決める『LJL 2019 Spring Split FINAL』スターティングメンバー発表!

<以下,プレスリリース原文より抜粋> LoL国内プロリーグプレイオフFINAL開催へ 概要 世界各地で大規模な展開を見せるPCオンラインMOBAゲームである「リーグ・オブ・レジェンド」(League …

RAGEST5ASL

RAGE スト5オールスターリーグで日韓対決!【GRAND FINALS直前企画】

RAGEスト5オールスターリーグ概要 「RAGE」のリーグ戦!日本のスタープレイヤーがしのぎを削る 株式会社CyberZはエイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社AbemaTVのゲーム専門チ …