コラム

eスポーツにはどのくらいお金がかかるの?

投稿日:2018-07-13 更新日:

eスポーツ参加にかかる費用について

お金はどのくらい必要?

プレイするタイトルによって天地の差が!

一口にeスポーツと言っても様々なゲームタイトルが存在しており、それぞれかかる費用にもかなりの開きが出てきます。
というのも、各ゲームが要求するプラットフォームや環境には、大きな差異があるためです。

しかしながら、趣味よりも競技としての側面が強いeスポーツでは、最高の環境でプレイすることがほぼ必須条件であり、普通にゲームするよりもワンランク上の機器を必要とされることは間違いないでしょう。

ゲームによって違うけど通常よりも良い環境が必要!と言う結論では内容があまりにも薄くなってしまうので、この記事では、一部取り上げた有名なタイトルを最高の環境でプレイする場合に必要な費用を試算し、総額を出して比べてみようと思います。

各ゲームタイトルで必要な金額の目安

PUBGをプレイしたい

PCの必要スペックはかなり高め

PUBGの公式推奨スペック
OS 64-bit Windows 7,8.1,10
CPU Intel Core i5-6600K
AMD Ryzen51600
メモリ 16GB
GPU NVIDIA GeForce GTX 960 2GB
AMD Radeon R7 370 2GB
DirectX Version11
ストレージ 30GB利用可能

SteamのストアにあるPUBG推奨環境が上記のものになります。
要求スペックとしてはかなり高いもので、費用もその分高くなってしまうでしょう。

さらにPUBGはモニターの応答速度やリフレッシュレートもかなり重要で、おのずとモニターにかかるコストも高くなってしまいます。

逆に、ここまでのPC環境を揃えることができれば、大抵のFPSゲームは問題なくプレイ可能というメリットもあります。それどころか3〜4年は使用に耐えうるモンスタースペックであり、今後の新しいゲームが出てきた際にも安心できるでしょう。

全て揃えると22万円前後必要となる

PCで約18万円、モニターで約3万円、加えてその他マウスやキーボード、ヘッドセットといったデバイスでさらに費用がかかります。
コストとしてはかなり高い部類であり、気軽に始められるゲームとは言い難いタイトルです。

ただし、後から要求スペックの高いゲームをプレイしたくなってからでは遅いので、他のゲームをする人でも懐に余裕のあるならこのレベルのPCも選択肢にしておくと良いでしょう。

League of Legendsをプレイしたい

比較的軽めの要求スペック

LoLの公式推奨スペック
OS WindowsXP,Vista,7,8.1,10
CPU 3GHz
メモリ 2GB RAM
(WindowsVistaより新しいOSの場合は4GB以上)
GPU NVIDIA GeForce 8600M GT
ATI Rageon HD 2600
DirectX DirectX version 9.0以上
Adobe Air 最新版Adobe Air

比較的軽いことで有名なLeague of Legends。価格安めでもゲーミングPCであればぬるぬる動いてくれるでしょう。
ただし、競技シーンでの使用を考えるとグラフィックボードは搭載した方が安心かもしれません。
同じMOBAである《Dota2》も問題なく動くスペックです。

周辺デバイスにこだわっても15万円以内に収まる

GTX1060 6GBさえ積んでいれば動作に困りません。
大体10万円程度のゲーミングPCで十分なので、高めのデバイスで揃えても15万円以内で収まるでしょう。

上記で取り上げたPUBGと比べると、大分安上がりで済むタイトルですね。

クラッシュロワイヤルをプレイしたい

最新機種のスマートフォンなら問題なく対応

クラロワの公式推奨環境
RAM(Android) 0.5GB以上
OS(Android) 4.0.3以上
画像解像度(Android) 800×480
OS(iPhone) iOS 7.0以降

スマートフォン向けアプリということもあり、よほど古い機種でなければiPhone・Androidともにきちんと作動するはずです。

ただし、リアルタイムバトルにカクツキやラグは致命的です。
できる限り新しく、スペックの高い機種を使いましょう。

そこまでコストはかからない

スマートフォンさえあれば事足りるゲームなので、日常で使っているスマートフォンさえあればほぼコストをかけずに参入することができるタイトルです。
eスポーツシーンではかなり珍しい例ですね。
古い機種を使っている方は、これを機に最新機種に乗り換えるのもありではないでしょうか?

Hearthstoneをプレイしたい

ぶっちゃけ動きさえすればなんとかなるジャンル

Hearthstoneの推奨スペック
OS Windows10 64bit
CPU Intel Core2Duo(2.2GHz)
AMD Athlon 64 X2(2.6GHz)
メモリ 4GB
ストレージ 3GB以上利用可能
画像解像度 1024×768

軽いLoLよりもさらに軽いのがカードゲーム。
スマートフォンにも対応している上に、一瞬で画面の中の情報が動くことがないので、多少の遅延やカクツキも許容することができます。
環境を用意するのはかなり簡単な部類のゲームでしょう。

すぐ競技レベルでプレイするには数万円のゲーム内課金が必要

問題はゲーム内で使用するカードです。
不要なカードを消費して新しいカードを作ることもできますが、主なカードの入手方法はパックの購入になります。
カードゲームはカードがなければ何も始まりません。
長い時間をかければリアルマネーを使わずともカードを集めることができますが、eスポーツシーンにすぐ参加したい人は、初期投資としてある程度コストを割く必要が出てくるでしょう。

eスポーツ参入にかかる費用まとめ

気軽にはじめにくいゲームが多いのが現状

有名なゲームのほとんどがプレイにPCの購入を前提としてくるので、高額な出費が必要となるケースがほとんどです。
10万円、20万円は気軽に出せる額ではないので、購入の際はしっかり悩んでから決断しましょう。

なんのゲームでもいいからとにかく大会で活躍したい!という人は、低コストで参入できるタイトルから触れていくのも手だと思います。
特に、国内でも流行している《クラッシュロワイヤル》や《Shadowverse》は比較的初期コストが抑え目で、大会も多いので参入しやすいタイトルと言えそうです。

-コラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

eスポーツにプロライセンスって必要なの?

目次 プロライセンスとは? プロライセンスは本当に必要? プロライセンスって必要なの? プロライセンスとは? JeSUが発行するプロ認定の証! プロライセンスとは、JeSU(日本eスポーツ連合)により …

eスポーツにはどんな種目があるの?

eスポーツはどんな種目があるの?目次 MOBA系統一覧 FPS/TPS系統一覧 RTS系統一覧 対戦格闘ゲーム一覧 DCG一覧 eスポーツとされるゲーム種目一覧 MOBA系統一覧 MOBAとは? Mu …

いよいよ18日に開幕!eスポーツも参戦する、18回アジアジャカルタ競技大会の見どころ

eスポーツが参戦!アジア大会の見どころ eスポーツ 第18回アジアジャカルタ大会は、アジア地域の国のみが参加対象となる、アジア地域の総合体育大会です。 eスポーツにおいては、本大会が初の参戦となる記念 …

日本のeスポーツの現状

日本のeスポーツの現状目次 日本のeスポーツ文化は遅れている 世界と比べた時の日本 日本eスポーツの将来の展望はどう? 日本のeスポーツの現状 日本のeスポーツ文化は遅れている 今の日本でゲーマーが活 …

【TGS2018】ウイイレアプリ2019ステージレポート【スマホ初のeスポーツ大会を開催】

目次 アプリアップデート発表「2018→2019」 Jリーグチェアマン、コナミPR企画部本部長が語るウイイレ プレイヤーオブザウィーク導入について スマホ初のeスポーツ大会開催決定 TOPプレイヤーに …